過去の公演

「LAB CHAN ラボちゃん」

『70年代、私は小人だった』
時に、昭和97年、もとい、西暦2997年、もとい、いつだっていい。田宮&広川のタイムショック、もとい、タイムマシンに乗って1970年に行き、万博で三菱未来館に入って迷子ワッペンを・・・もとい。'70年代、冷戦下における宇宙開発がもたらすイメージは、〽まっさかさーまーにー落ちてチャレンジャー、炎のよーに燃えてチャレンジャー→と歌われた時に終わりをトウルルルル「あっもしもし、僕、スタンリー。手塚先生に次の宇宙ものの総合デザインをぜひ、あっもしもーし・・・」
結婚もせず、趣味の世界に給料をつぎ込む、独身貴族の僕の伯父さんに僕もなる!西の空に明けの明星がユーエフオーする時、エキスポタワーと太陽の塔の影が、重なる処を掘ってごらん。幻の御堂筋線が、ピエロ・ピッチオーニにもましてドラムンベースなバットマン&吉井和哉が、自分で考えたパビリオンを見せ合っている。「これ見てよ」「何これ」「究極の汎用猫型決戦兵器マジンパンダー」「かっこわるい!」「少年法に守られて、14歳のウメズ君が、パイルダーオン!」「それはお尻の穴、ちがうでしょ」「男の子同士だからこれでいいんだよ」
水銀、コバルト、カドミウム、鉛、硫酸、オキシダン、シアン、マンガン、バナジウム、クロム、カリウム、ストロンチウムでお馴染みのクロムモリブデン最新作『ラボちゃん』。テーマはもちろん『人類の進歩と調和』だ。ネコビトにこのテーマでイケるか?と問うた処、「人類じゃないから知らないね」と云いやがった。プハープハーである。

作・演出 青木秀樹
大阪公演 扇町ミュージアムスクエア
1997年11月上演

出演
石岡潤一
宮崎温子

フランソワ
チャイ
長田響子
なかた茜
安岡恵子
西野藍
森下亮
テリー
ハル
新里尚平
松が谷錦糸郞
塚本愛子
アリムラナオ
本郷崇士

酒井宏人

床田光世
三好淑子
谷本誠

青木秀樹

LAB CHAN ラボちゃん

FLYER

空と雲とバラバラの奥さま(2017年)

翼とクチバシもください(2016年)

七人のふたり(2015年)

こわくないこわくない(2014年)

曲がるカーブ(2013年)

連続おともだち事件(2013年)

進化とみなしていいでしょう(2012年)

節電 ボーダー トルネード(2011年)

裸の女を持つ男(2011年)

恋する剥製(2010年)

不躾なQ友(2009年)

空耳タワー(2009年)

テキサス芝刈機(2008年)

血が出て幸せ(2008年)

スチュワーデスデス(2007年)

マトリョーシカ地獄(2007年)

猿の惑星は地球(2006年)

ボーグを脱げ!(2005年)

ボウリング犬エクレアアイスコーヒー(2004年)

ユカイ号(2004年)

なかよしshow(2004年)

直接KISS(2003年)

〜maruo〜 マルオ(2002年)

去勢クラブ(2001年)